第19回全国小学生大会の結果報告

12月24-28日に愛媛県松山市で開催されました第19回全国小学生大会の結果を報告いたします。

団体戦については、男子はハルトノからはじゅんが第2シングルスで出場しました。しかしながら、皆実力を出し切れず、愛媛県Aに0-3で敗れ、初戦で敗退してしまいました。

女子は、ハルトノからみなみ(お)が第2シングルスで出場して2勝する活躍を見せましたが、残念ながら3回戦で福井県に1-2で敗れ、ベスト16の結果でした。(1回戦3-0和歌山県、2回戦2-1佐賀県)

個人戦は、じゅん&りきやが5年ダブルスに出場しましたが、初戦でベスト8まで勝ち進んだ九州1位の福岡県ペアに敗れてしまいました(16-21,17-21)。敗れはしたものの彼らの実力は十分発揮されたいい試合でした。大きく緊張せずに力をだせたのは、若葉杯という全国大会を2回も経験してきたり、いろいろな大会や練習試合に参加させていただいたからでしょう。彼らをサポートしていただいた様々な方々のお力を改めて実感してきました。応援していただいた皆さま本当にありがとうございました。来年度はさらに上を目指してくれることでしょう。

全国小学生大会に参加した子供たちは、試合に参加して貴重な経験をし、また決勝戦まで観戦することで、全国のレベルを実際に感じてきました。そして何よりすばらしかったことは、関東代表として、同じ関東の他県の選手を応援し、友達を増やしてきたことです。これらの経験は、本人たちはもとより、これからのハルトノクラブにきっといい影響を与えてくれることでしょう。

特に5年生で団体戦、個人戦ともに経験してきたじゅんとりきやには来年度、ハルトノ内はもとより茨城県の中でもリーダー的な役割が期待されます。この期待が本人たちのさらなる力になるよう願ってやみません。

試合の詳細は、下記リンクよりご覧ください。

http://www.syoubad.jp/taikai/zensyou/zensyou19/19home.html

http://ehime.heteml.jp/event/10zensho.htm

20101226  20101228

茨城県としては、仁平さんが全小3連覇というとてもすごい成績を残しました。6年男子ダブルスの大山君、渡辺君は、初戦敗れはしたものの、ベスト4まで勝ち進んだ岡山のペアにもう少しで勝利できそうなとても内容のある試合をしてくれました、

また蛇足ですが、男子団体戦で活躍して、優勝、準優勝に大きく貢献していた、東京の小野寺君、山形の渋谷君が個人戦(6年シングルス)でどちらもベスト8にも入れない皮肉な結果だったこと、3年生ながら4年男子シングルス第1シードで優勝の期待がかかった青森の奈良岡君が大器の片鱗を見せながらも決勝で敗れてしまったことが、個人的には印象に残りました。